HTL23とHTL22 HTC J Oneの違いの変更点


  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
{{outline}}



{{include_html gad-kijikan-reku}}


!!!外観

http://i.imgur.com/kEMEyEq.png

!!!HTL23とHTL22 HTC J One スペック比較

,商品名,HTC J butterfly HTL23 ,HTC J One HTL22 
,OS,Android 4.4 (with Sense6.0),Android 4.1→4.2→4.4
,CPU,[Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AC クアッドコア 2.5GHz(Adreno 330)|http://en.wikipedia.org/wiki/Snapdragon_(system_on_chip)],[Qualcomm APQ8064T Snapdragon 600 クアッドコア 1.7GHz|http://en.wikipedia.org/wiki/Snapdragon_(system_on_chip)]
,Antutu,36788,24585
,Quadrant,25754,12313
,Antutu(旧),<<36788>>圧勝,24585
,Antutu 5,<<43980>>圧勝,29408
,Quadrant,<<25754>>圧勝,12313
,サイズ,約70×145×10mm (幅×高さ×厚さ),69(W)×138(H)×10.5(D)mm
,重量,約156g,157g
,重量,約<<156g>>,157g
,,,
,連続通話時間,約1010分,約820分
,連続待受時間,約490時間(3G)/約430時間(4G LTE、WiMAX2+),3Gエリア約450時間、4G LTEエリア約370時間、
,連続通話時間,<<約1010分>>,約820分
,連続待受時間,<<約490時間>>(3G)/<<約430時間>>(4G LTE、WiMAX2+),3Gエリア約450時間、4G LTEエリア約370時間、
,,,
,通信,,
,,・FDD-LTE 2100(B1)/800(B18) MHz(<<LTE-Advanced キャリアアグリゲーション 対応>>),FDD-LTE <<2100>>/1500/800Mhz
,,・FDD-LTE 2100(B1)/800(B18) MHz(<<LTE-Advanced キャリアアグリゲーション 対応>>),FDD-LTE 2100/<<1500>>/800Mhz
,,※キャリアアグリゲーションのメリットは、複数の周波数帯域から選択的にデータ通信が行えるため、一つの周波数帯の電波環境が悪く速度が低下した場合でも、別の周波数で通信速度を補うことができる。,
,,・<<WiMAX 2+(TD-LTE) 2500(B41) MHz>>,-
,,・CDMA2000 2100(BC6)/800(BC0) MHz,CDMA2000 2100/800Mhz
,,・GSM,・GSM
,,・Bluetooth Ver.4.0,・Bluetooth Ver.4.0
,,・Wi-Fi 2.4GHz/5GHz,・Wi-Fi 2.4GHz/5GHz
,,※[技適通過情報|http://blogofmobile.com/article/18522],
,,,
,通信速度(LTE 800MHz),受信最大75Mbps、送信最大25Mbps,
,通信速度(LTE 800MHz),受信最大75Mbps、送信最大25Mbps,受信最大75Mbps、送信最大25Mbps
,通信速度(LTE 2GHz),<<受信最大150Mbps>>、送信最大12Mbps,最大100Mbps
,,※4G LTEキャリアアグリゲーション対応(対応地域では<<受信最大150Mbps/送信最大25Mbps>>となる),
,通信速度(Wimax2+),<<受信最大110Mbps、送信最大10Mbps>>,
,通信速度(3G),受信最大9.2Mbps、送信最大5.5Mbps(WHS対応),受信最大9.2Mbps、送信最大5.5Mbps(WHS対応)
,,,
,グローバルパスポート,○(<<LTE>>、GSM、UMTS),○(CDMA /GSM/UMTS)
,GPS,○,○
,無線LAN, a/b/g/n/ac, a/b/g/n/ac
,無線LANルーター(テザリング)機能,○,○(最大8台)
,Bluetoothテザリング,○,○
,,,
,内蔵メモリ,2GB RAM(DDR3) / 32GB ROM,2GB RAM / 32GB ROM
,, →RAM2GBのうち、VRAMが約240MB占有、システムが利用可能なのは約1.76GB, →RAM2GBのうち、VRAMが約480MB占有、システムが利用可能なのは約1.52GB
,, →ROM32GBのうち、内蔵ストレージとしてユーザーが利用可能なのは約24.93GB, →ROM32GBのうち、内蔵ストレージとしてユーザーが利用可能なのは約25.47GB
,外部メモリ,<<公式にmicroSDXC対応、最大128GB>>,公式にmicroSDXC対応、最大64GB(実際には128GBもOK)
,,,
,ディスプレイ,<<約5.0インチ>> Super LCD3 Full HD液晶(1920 x 1080)(IPS),4.7インチ Full HD 1920 x 1080 Super LCD3液晶(IPS)、
,,,
,背面カメラ(撮像素子),<<約1300万画素 CMOS + 約200万画素CMOS デュオカメラ>> (Sony IMX214),4メガピクセル BSI(裏面照射) CMOS、HTC UltraPixel Camera
,背面カメラ(レンズ),<<開放F2.0>> 焦点距離28mm(35mm版換算),<<F2.0>> 焦点距離28mm(35mm版換算)、<<Optical Image Stabilization (光学式手ぶれ補正)>>
,,,
,前面インカメラ,<<500万画素>>、開放F2.8レンズ,2.1メガピクセル 、画角88度の広角レンズ
,,,
,バッテリー容量,<<2700mAh>>,2300 mAh
,USB,micro USB<<(キャップレス防水)>>,micro USB
,SIM,au <<nano>> ICカード(4G LTE) <<※ナノSIMなので注意>>,au Micro IC Card (4G LTE)
,,,
,動画撮影,最大1920×1080(Full HD),1080p 30fps HDR動画撮影対応、720pであれば60fps撮影可能
,映像出力,MHL,HDMI (MHLで出力可能)
,イヤホンジャック,3.5mm(キャップレス防水),3.5mm
,サラウンド,JBLの高音質サラウンドソフトウェア実装(<<JBL LiveStage>>)。<<ハイレゾ音源の再生>>をサポート。WAVおよびFLAC形式で192kHz/24bitまでのハイレゾ音源ファイルを再生できる。(外部USB DACなどの装着は不要!本体のアンプで出力可能),前面ステレオスピーカーHTC BoomSound、Beats Audio
,スピーカー,フロントステレオスピーカー,フロントステレオスピーカー
,,,
,ワンセグ,○(録画○),○(録画○)
,フルセグ,<<○(録画×)>>,×(録画×)
,ワンセグアンテナ,イヤホンジャックに外付け(HTC TVアンテナケーブル01),×、アンテナ非搭載、ワンセグ視聴時はイヤホンをアンテナとして使用
,,,
,オサイフ,○,○
,NFC,○,○
,赤外線,○,○
,FMトランスミッター,×,×
,,,
,防水,<<○(IPX5/IPX7)>>,×
,防塵,<<○(IP5X)>>,×
,,<<※USB端子、ヘッドホン端子はキャップレスでの防水防塵仕様!>>,
,,,
,DLNA,○,○
,DTCP-IP,?,△相性有るが、可能
,,,
,ジェスチャー操作,○ 画面が消灯した状態でダブルタップすると画面のスリープを解除できるほか、下から上にスワイプするとロック解除画面をスキップして待受画面に移動するといったことが可能。,×
,,,
,ユーザーが自分で電池交換,×,×(裏蓋を外すことはできるが電池は固定)
,ストラップホール,×,×
,USBホスト,○(管理人が実機で確認しました),○(管理人が実機で確認しました)
,クレードル(卓上ホルダ),×,×
,簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ),×,×
,省電力モード,○ EX省電力モード,○
,カラーバリエーション,ルージュ、キャンバス、インディゴ,「White Metal」「Black Metal」「Red Metal」
,,,
,付属品,HTC TVアンテナケーブル01、JBL ハイパフォーマンス インイヤーヘッドフォン(ベースモデルはJBL J22),ステレオイヤフォンマイク(試供品)